田舎暮らし 格安物件 沖縄

「スポンサーリンク」


 

 

田舎暮らし古民家賃貸格安物件近くの九十九里浜 田舎暮らし古民家賃貸格安物件近くのヒマワリ畑 田舎暮らし古民家賃貸格安物件に咲く花 田舎暮らし古民家賃貸格安物件近くに咲く山ユリ 田舎暮らし古民家賃貸格安物件に咲く花 田舎暮らし古民家賃貸格安物件に咲く花

2012年12月22日土曜日

楽しい古民家賃貸

やはり古民家賃貸は格安家賃が決めて!!

古民家の賃貸で楽しい田舎暮らしは、かなりの人々の願望である。
楽しい古民家賃貸でなければ、楽しい田舎暮らしは生まれない。
楽しい古民家賃貸の根源は、格安家賃でなくてはならない。
格安物件の古民家であれば、楽しい田舎暮らしが出来ること受合い。

2012年11月15日木曜日

古民家賃貸で田舎暮らしをエンジョイとは

今度は家賃のいらない自分の物置とテントだから楽しい田舎暮らしには間違いない

古民家賃貸で田舎暮らしをエンジョイとは、エンジョイと言う言葉が付いている以上、楽しい田舎暮らしでなければいけない。
古民家の賃貸であれ、購入であれ、田舎暮らしは楽しくしなければ本当の田舎暮らしとは言えない。



2012年10月28日日曜日

古民家賃貸の格安物件暮らしは気楽な田舎暮らしだった

家賃さえ支払えれば今まで通り古民家賃貸でも良かったのだが・・・

古民家賃貸の格安物件での田舎暮らしは気楽だった。
当初は、不動産やをやっていたが、経費が嵩んで廃業し、そのままずっと5年ばかり趣味の工房としてお世話になった。
オーナーにお願いし、賃貸の更新はオーナーとじか取引としてもらい、しかも自動更新にしてもらった。
元不動産やが言うのも何だが、これで訳の分からない更新手数料なる無駄金を仲介人に支払うことも無くなり、格安のお気に入り物件として、気楽に過ごせた。
この古民家賃貸は、元々事務所として借りたので、自治会とも無縁で、田舎でお定まりの祭りやら草刈りとも無縁で過ごせた。
この格安物件での田舎暮らしは、自分にとっては10年は寿命が延びた本当に気楽な田舎暮らしだった。

2012年10月21日日曜日

古民家賃貸から自分の土地の物置へ

何が勃発しても古民家賃貸のような家賃が無いので気分は楽だ

古民家賃貸から自分の土地の物置への引越しは大変だった。
12坪の古民家賃貸から、1.5坪の物置では、大きな棚と小さな棚の2段構えにしておいたのだが、やっぱり荷物が入りきらない。
そこで、急遽、ブルーシートのテント作りとなった。
お金が無いので、テントの骨組みは、物置の土地物件内の真竹と篠竹。
3日間の突貫工事
完成後、翌日行ってみたら、雨水が天井で池の様に溜まり、今にもテントが押しつぶされそうになっていた。
また突貫工事で、雨水対策を施し、翌日行ってみたら、今度は昨夜の強風でテントがへちゃげていた。
もう、その時には、テントにかなりの引越し荷物が詰まっていて、どうやら荷崩れを起こしたらしい。
また突貫工事で風対策をしたが、翌日また同じ状態だったので、またまた突貫工事となった。
そんな、こんなで風対策も終了し、引越しも無事、期限+1日で完了した。

2012年10月20日土曜日

田舎暮らし格安物件の土地よ、お世話になります

田舎暮らし格安物件だった土地の約1.5坪の物置へ無事潜入・・賃貸の古民家より手狭なのが気に入りそう

古民家の賃貸から、田舎暮らし格安物件の土地へやって来た。
なにしろ、1,5坪の物置ですから、ここで超貧相な田舎暮らしが始まるとは、周囲の誰も気づいていない。

2012年10月17日水曜日

東京近郊の古民家賃貸よさようなら

田舎暮らし格安物件の土地の約1.5坪の物置で再度田舎暮らしに挑戦

約10年間お世話になった東京近郊の古民家賃貸物件とおさらばする日が近づいた。
一ヶ月前に家主に話したので、今回はもう引っ越すしかないのだ。
一昨年、昔購入して売れなかった田舎暮らし格安物件の土地に、約1.5坪の物置を、大工の真似事をしながら作ったのだが、 その物置が今回大活躍した。
東京近郊の古民家賃貸物件よ、お世話になりました。
売れ残りの田舎暮らし格安物件の土地よ、お世話になります。

2012年10月3日水曜日

東京の近郊で古民家賃貸の田舎暮らしをしたけれど

古民家賃貸なら家賃が必要だが、自分所有の格安だった荒地なら家賃は無料

東京の近郊で古民家賃貸の田舎暮らしをしたとは言ったが、古民家とはとても言えない古い軽量鉄骨作りの平屋の倉庫での田舎暮らしだった。
東京の近郊でも、田舎はやっぱり田舎といったところだ。ダンベ言葉が飛び交う田舎らしい所だった。
最初は安いと思った古民家の賃貸料だったが、平成デフレ不況の押し寄せる津波には歯が立たず、昔購入して失敗したと思い込んで、草ぼうぼうのままほったらかしの東京まで約一時間の所に所在する荒地に引っ越すことにした。
当面は、ブルーシートのテント生活だが、古民家賃貸のような家賃が不要なのでなんとか満足している。
ご近所の住人は、怪訝そうに遠巻きに見ているが、未だに誰も訪ねて来ないので、こちらからも訪ねて行かない。
このにらみ合いは何時まで続くことやら。
しかし、賃貸料の要らない田舎暮らしが、こんなにも気楽な田舎暮らしとは、東京の近郊の古民家賃貸とは全く違う何かを発見した。

2012年9月20日木曜日

古民家の賃貸は積極的に

田舎の古民家賃貸は空家だらけ?

古民家の賃貸は、借り手も貸し手も積極性が大事。
今の日本、東京も田舎も古民家の空家だらけ。
東京の古民家の空家も田舎の古民家の空家も、いつまで経っても空家のまんま。
東京の古民家の空家も田舎の古民家の空家も、格安家賃で格安物件として賃貸すれば、喜ぶ人たちがわんさと居る思うと、なんとももったいない話である。

2012年8月9日木曜日

古民家賃貸の若者を応援しよう

古民家賃貸で田舎暮らしを志す若者が増加傾向にある。 田舎の古民家は家賃も安いので、若者夫婦には生活し易い。ただ、田舎には仕事が少ない。田舎の古民家賃貸で子育てを志す若者夫婦が増えている。だったら、田舎の古民家賃貸で子育てを志す若者夫婦を応援するしかない。田舎の古民家賃貸で子育てを志す若者夫婦が増えれば、田舎の人口も増えるので、田舎も活気ずく。日本の心あるお金持ちのご老人たちが、若者を応援できるこの好チャンスに参加できる、良いアイディアは無いものか。

2012年7月7日土曜日

古民家の賃貸で村おこし町おこし

古民家の所有者は古民家の賃貸を不安がる。その大きな不安の一つが、賃貸で貸すと古民家を取られてしまうのではないかという、もっともなもの。

この不安を打消すには不動産屋さんも往生する。いくら説得しても、口では良い返事が返って来るが、古民家賃貸の媒介契約書に印鑑は絶対に押してくれない。

ところが、役場の職員が、古民家の賃貸の話を持ちかけると、話がスンナリ決まって行く。

だから、古民家の賃貸で町おこしが可能なのだ。

この簡単な町おこしの方法に気が付かない町や村が、全国いたる所に存在する。担当者や担当部所はマスコミからの情報で知ってはいても、仕事が増えることを恐れて、知らない振りをするらしい 。

町長さん、村長さん、古民家の賃貸にはメリットがいっぱいだよ。早く気付いてくれ・古民家の賃貸を!・・・国も県知事さんも地方に元気を与える気持ちがあるなら、古民家の賃貸で村おこし町おこしを今すぐ推し進めるべきだと思う。

町おこし県町おこし郡町おこし村の町おこし村役場 Site 参照

2012年6月7日木曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でアウトドアをエンジョイ

古民家賃貸で田舎暮らし。田舎暮らし格安物件の土地や古民家物件などを賃貸して、アウトドアでエコライフ。

古民家賃貸の田舎暮らし物件でアウトドアとエコライフを楽しむ。古民家賃貸でのエコライフはアウトドアから。

田舎暮らし古民家での田舎暮らしもアウトドアから。だから、田舎暮らし物件でのエコライフと田舎暮らしは深い関係にある。

これから田舎暮らし物件の古民家物件などを賃貸する時は、エコライフとアウトドアライフは頭の片隅というより、もっとも大切な検討事項としたい。

田舎暮らし格安物件の古民家物件などを賃貸したら、アウトドアを満喫しよう。田舎暮らし物件の古民家物件などを賃貸して、屋内に閉じこもっていたのでは、田舎暮らし格安物件の古民家物件などを賃貸した意味が無い。

最近は古民家の賃貸や田舎暮らし格安物件の賃貸が注目されている。田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でアウトドアをエンジョイしたい。
My Blog  田舎暮らしと不動産(土地と一戸建て) より

A country life is enjoyed by old private house lease.